« サロン・ド・エミュでコジャレ砥部焼き | トップページ | 赤ん坊とご対面 »

素晴らしき紅葉

久万高原町は紅葉まっさかり!

・・という沢山の地元ブロガーさん達の記事を見て

いてもたってもいられず、急に両親を誘って秋のドライブ。

11月9日のことです。 

注)本日もまたまた写真多いでっせ~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

Dscn9704

R33の田園風景の中をグングン進むよ進むんだよ~。(◎´∀`)ノ

車の助手席で母に抱っこされてるメル↓

Photo_6

進めば進むほど、色づいてくる景色。

Dscn9707

この日は松山は23度くらいあって暑かったんやけど、

さすが久万高原町。 だんだん空気がひんやりしてくるね。

Dscn9709

R33から折れて県道12号線をグングン進もう~。

直瀬の国民宿舎・古岩屋荘に到着。 この時すでに3時前。

Dscn9715

紅葉が真っ赤でキレイキレイ。 山ならではの真っ赤な色。

Dscn9712

山の陰になってちょっと薄暗いけど、この辺りは今が見ごろみたい。

Dscn9716

平日やったけど、車がいっぱいいたよ。

日帰り温泉に来る人も多いみたいやねー。

Photo_7

古岩屋荘の2階で、久万高原町在住の秋本栄さんの写真展をやってます。

初の個展だそう。 おまけに無料!

町内と石鎚山系の風景写真を集めた 『手作り額写真展』

Dscn9726

無料で見せてもらうにはもったいないくらいの、それは素晴らしい写真の数々。

11月10日の愛媛新聞の11面にも掲載されてました。

Dscn9727

天井まで届きそうなくらいの大きな大きな写真。 ド迫力やぞ!!!(゚ロ゚屮)屮

Dscn9730

木肌の美しい額も秋本さんの作られたものだそう。

Dscn9733

素人のワタシなんかが何か感想を言うのがおこがましいくらいの美しさ。

涙出そうになるくらいやった。 つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

ある意味、本物の景色よりも美しいかも。 

父も母も食い入るように見ていた♪

Dscn9732

写真家の秋本さんも在廊されてて、丁寧に説明してくださいました。

話好きな父も母も色々質問してた。( ^ω^ ) うるさくしてスミマセン・・・。

個展は11月15日までやってます。 

紅葉狩りとセットで行ってみてー(*゚▽゚)ノ  感動すること間違いなし!(・∀・)

アルプちゃん、情報ありがとー。(◎´∀`)ノ

さて、この後、岩屋寺や面河の方も行ってみたかったんやけど

面河渓谷の方はすでに紅葉が終わってるという話やし、

母もあんまり体調が良くなくて、無理すると後で寝込んでしまうので、

松山に向かって帰ることに。

帰り道にある、ふるさと旅行村に寄ってみた。 何年ぶりやろ。

・・・ありゃ、この日は売店や食堂はお休みやった。 月曜やもんね~。

でも、おひとり管理人の方がいらしてて、

色んな木々の説明や、久万高原町のアレコレを

これまた色々お話してくださいました。 久万の皆さん親切です。(゚∀゚)

ふるさと旅行村の中もすっかり秋の景色。

Dscn9765

旅行村の入り口近くのカエデが真っ赤に色づいててキレイやった。

Dscn9763

これからまた、奥の方の別の種類のカエデが順番に色づいてくるそう。

色んな種類の木が計算して植栽されてるらしい。 

メルも落ち葉やドングリをかじったりして楽しそうnote

Photo_9

今治から来られたという、一眼レフを持ったご夫婦とアレコレ談笑する父母↓

Dscn9761

両親とも話し好きなんである。( ̄▽ ̄) 家族の中ではワタシが一番寡黙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

この夏、元気で病気知らずの父が急に体調を崩し、しばらく寝込んでしまいました。

それから一気にドッと老け込んでしまい、気力も体力もかなり衰えました。

今まで元気だった人が急に病むと、ダメージが大きいようです。

しかし、先月末くらいから少しずつ回復してきて、

痛みが軽減してくると共に、気力も少しずつ元に戻りつつあります。

この日は、すっかり以前と同じ、話し好きで好奇心の旺盛な父でした。

元々虚弱体質で、旅行や遠出がなかなか出来ない母も

とっても楽しかったみたいで、いつもより笑顔がハレバレとしてたし。

年をとっても、家の中だけに居ちゃいけないですね。

体の事情の許すときは、やっぱり外に出て歩いたり、

人と会ったり、いろんなモノを見て触ったり。

五感で何かを感じて脳に刺激を与えないと、

ドンドン動けなくなって、暗いことばっか考えて表情が乏しくなってくるから。

できれば周りの人間が、無理のない程度に時々は連れ出してあげたい。

自然の中に身をおくってことはやっぱり、

人間の心にも体にもすごくイイ影響を与えるんだなー・・とこの日実感。

相変わらず母の口癖は 「来年は来れんかもしれん」 やけど。┐(´д`)┌

アンタ、それ毎回言うとるがな。( ̄◆ ̄)

来年もきっときっとみんなで一緒に来ようね・・・と思った秋の午後でした。

Photo_10

帰りは三坂峠の 懐かしの焼きトウモロコシをゲットして帰宅~↓

Dscn9766

やっぱし最後は食い気ですなー♪(o ̄∇ ̄)/

現在、大都会・TOKIOにて、休みもなく働いてるオット~(*゚▽゚)ノ 久万の紅葉で癒されてねー。

|

« サロン・ド・エミュでコジャレ砥部焼き | トップページ | 赤ん坊とご対面 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

えぇね~
秋のお散歩maple
食欲も芸術も満たされたsmile

確か宮島に行ったのもmapleの季節
一年って早いよねcoldsweats01

投稿: どら | 2009年11月11日 (水) 12時01分

noteどらちゃん

紅葉はイイねえ。季節を感じるわ~(◎´∀`)ノ

宮島で鹿とたわむれてから早くも1年経ったのか・・。早いねえ。
今年は諸事情でなかなか出かけられんけど、
また日帰りツアーでどっか行きたいねえ(・∀・)

投稿: カクイモ | 2009年11月11日 (水) 17時19分

毎度!

いつも思うけど親孝行してるね!

オイラは親不孝の連続です。。
ときどき親に言われます。
お前を見てるとなかなかあの世に行けん!
あまり心配かけんでくれ~!などと。。

実はこんなオイラこそ親を長生きさせる
親孝行者なのでは?!
最近そんなふうに考えるようにしてるなり!^^;

投稿: おーちゃん | 2009年11月12日 (木) 18時18分

noteおーちゃん

親孝行なんて全然よ~。

ただ、今はワタシに時間の余裕があるだけのことだよ~。(←ヒマなだけ?)
かつて、かなり心配をかけたこともあるので(;´▽`A``

それにこの年になると、親の介護してる友人とかもいて、
色々身につまされる話も多いしねえ。

「親ってもんは自分の子供がいくつになっても心配はするもんなんじゃ!」
・・とのことですよん。( ^ω^ )

投稿: カクイモ | 2009年11月13日 (金) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121757/32160597

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしき紅葉:

« サロン・ド・エミュでコジャレ砥部焼き | トップページ | 赤ん坊とご対面 »