« 虹の橋 | トップページ | ケータイすももアルバム »

夏じたく

雨も降らないまま、だんだんと夏が近づいてきてますね。

すももが逝ってしまってから一週間が経ちました。

まだまだボーーっとしている私ですが、

皆さんのブログは毎日見せてもらっています。もう習慣ですね。


すももの訃報を取り上げてくださった、うさ友さん達のブログも、

読ませていただているものの、

まだ個別にお礼のコメント書けなくて本当にごめんなさい・・・・。

そのうち元気になったら荒らしに行きますよ。(笑


ブロガーさんの中には、毎日日記のように、

その日にあったことをマメに更新されている方も多いですが、

私はひとつの記事を作るのがタイヘン遅い女・・・。

というわけで、ほとんどリアルタイムに更新できず。

デジカメで撮った画像を後から見ながら、

時間があるときにまとめて記事を作って保存しておいて、

後日小出しにして公開する・・・というのが最近のパターンとなっていました。

なので、ヘタすりゃー、何ヶ月も前の記事がそのまま残ってた・・なんてことも。

本日の↓の記事もすももが逝く数日前に作っておいた、

なんともノーテンキな内容です・・・・。

後から読み直してみて、

「もしかして、この時すでにしんどかったのかな、苦しかったのかな・・・」

なんて思ったり。

後からこんなこと考えたってしょーがないのにね・・・。

オクラ入りしようかとも思った記事なのですが。

ひとつの思い出として、公開させてもらいますね。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚.。.:**:.。..。.:**:.。..


6月初旬。今週に入って、気温上昇upupupムシムシ低気圧。

ムシムシするならもっとザザザーーーzzzと、雨が降りゃーええのにねえ。(`ε´) 

まったく毎年毎年の水不足・・・・。


さて、すももさんも少々暑さにやられており、ご機嫌ななめであります。

今週に入って、食欲もかなり低下・・・。 

部屋んぽ中も、部屋の中の涼しい所をアチコチ移動してます。

ミニミニ扇風機を出してみたdown ジュータンはまだしまってないけど・・・。

Dscn5575

すると・・・すももさん、ちょうど風の来る所に陣取って動かない。

Photo_3

     すもちゃん、かしこいねー(◎´∀`)ノ ←親バカ

Photo_2

          ちょっと気持ちよさそうheart01

Dscn5674

      花うさぎさんで冷え冷えボードも購入済み↓

Dscn5583_2

ゲージに置くと、すぐに体を乗せてきた。

    

Cocolog_oekaki_2009_06_10_14_33     

Dscn5689
            ↑不機嫌そうな、ガンとばし顔・・・コワ~sweat02

それから、オットがすももさん用にと、ネットでミニ冷風機も購入down

     Dscn5897

            すもちゃんキョーミ深々↓

Photo_4

もう少し暑くなったら使ってみようね~。

水の入ったペットボトルも、冷凍庫で凍らせて夏に向けてスタンバイ。

すももさんの初めての夏。 どう乗り切るか。 


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


今読み返すと↑記事の自分のこのノーテンキぶり・・・。

私は、常日頃、なるべく軽~くさらっと読んでもらうような

明るい(・・というよりオモロ系?)ブログにしようと思っていたので、

すもものことも、ウケ狙いのネタとして使ったりもしてました。

(4コママンガ仕立てにしたこともあったなあ・・・)

ですが、大ザッパな私にしては、

実際のすももとの生活は、結構神経を使ってたりもしたのです。

うちは、LDKがオープンで、すもものゲージはリビングの角っこに置いていました。

私はウチにいるときにはほとんどLDKのどこかにいるので、

たいていはすももと同じ空間にいることになります。

キッチンが対面式なので、料理を作っているときも、

ふと顔を上げるといつもすももと目が合ってました。

そんで、目が合うと、「すもちゃ~~~んheart01」と手を振ってみたり←アホ?

なので、ついつい、そこを見てしまうクセがついてしまいました。

料理を作っている時っていうのは、結構ガチャガチャと大きな音をたててしまうことがあります。

すももが、その音にビクっビクっとするのがかわいそうで、

なるべく大きな音を立てないようにしたり。 テレビの音を小さくしたり。

ちょっと神経質すぎたのかもしれませんね。

でも、そのくらいウサギは心も体もデリケートな動物だと思っていました。

ウサギは、母性の足りないこんな私でも、

「この小さい生き物は私達が守ってやらんといかんな!」 

・・という気持ちにさせてくれる、ホントに可愛い小さな生き物でした。

Dscn0527
  ↑ゆうなちゃんの作ってくれた帽子を被って。

Dscn0486
   ↑この頃はまだおとなしく体重計に乗ってくれました。(昨年秋)

Dscn0668

|

« 虹の橋 | トップページ | ケータイすももアルバム »

ペット」カテゴリの記事

コメント

私はコン吉さんのブログ大好きです。
いつも、拝見させて頂いては、自分のブログの参考に(こっそり)させて頂いてます。

どの記事も楽しく、画像も綺麗で(^^)
特に、すももちゃんの吹き出しが好きです。

私も以前、可愛がっていたシマリスが、ある日突然亡くなり、呆然とした時期がありました。
悲しくて苦しくて、思い出すのは小さな身体の温もりばかり…手を伸ばせば、触れれていたのに、あまりに悔しく自分は何て無力なんだろうと責め続けました。
シマリスは火葬に出来なかったので土葬で大きな鉢をお墓にしました。小さな線香立てを作り、毎日お線香をあげました。
1年ぐらいたった、ある日、小豆が鉢の上に居たように感じました。(気配を?)きっと天国から(虹の橋)姿を見せに来てくれたんだなと思いました。
元気に天国で過ごしているよ!と言ってくれてるのかな?と。
勝手な思い込み(妄想)かもしれませんが、私は何だか癒されました。そして強くなれました。

小さな身体の小さな命ですが、私達に最も大切な事を教えてくれたんだなと
今は思っています。
訳の分からない事を長々とごめんなさい。

投稿: 真珠ママ | 2009年6月18日 (木) 07時28分

note真珠ママちゃん
参考だなんて・・トンでもないですが、
お褒め頂きありがとうございます。(照れっ
私も真珠ママさんのブログ好きですよ。
素直で優しい人柄がそのまんま出ていて、
読んでいてあったかい気持ちになれます。

シマリスもウサギも、小さくてか弱くて本当に可愛い生き物ですよね・・。
『手を伸ばせば触れられていたのに』
・・という気持ち、今痛いほどわかります。
動物達のホワホワの柔らかい毛の感触。
言葉がなくても、触っているだけで和みますよね。。
動物達の教えてくれる『大切なこと』。
忘れないようにしなくちゃ・・と思います。

真珠ママさん、いつもありがとう!

投稿: コン吉(カクイモ) | 2009年6月18日 (木) 16時09分

この前「花うさぎ」さん見つけて「あ~すももちゃんが行ってたお店や」と。
リアルにあった事ない私の心にもすももちゃんは生きてるよ。
うちも4年たつけど毎日思い出してる。
写真もいっぱい置いてあるし(*^-^)
心臓が悪くて半年闘病したから後悔したり反省したりもいまだにあってそれは消えない。
この先もその苦しみは消えないと思うけど
それがあの子が生きてた証だから
今では受け止めようと思ってるよ。
カクちゃんも今は苦しいし悲しいけど
だんだんと、その悲しみの周りにホンワカした思い出がくっついて覆ってくれる日が
くるからね。

投稿: ぷらぷら | 2009年6月19日 (金) 14時39分

noteぷらぷらちゃん
『花うさぎ』さん見つけた?『天秤』に行ったときかな?
ぷらぷらちゃんが『虹の橋』の話してくれたから、
本当に気持ちが楽になったんよ。
ありがとうね。
ぷらぷらちゃんちの猫ちゃんの半年間の闘病・・
猫ちゃんも苦しかっただろうけど、
それをずーっと見てたぷらぷらちゃんもしんどかったやろ・・。
でも、そん時の苦しさも、自分らが飼ってた動物達の生きた証なんやね。
『ペット』って、そんな一言では片付けられないくらい存在が大きいよね。
今すごくそう思う。

今日ね、母にすももが死んだことを話したんよ。
そしたらね、
「最後を看取ってやれたこと、最後まで一緒にいてやれたことだけでもよかったと思うよ。」って言われてね。
「最後を見てやれなかったら、そっちの方が辛いかもしれんよ。」って。
見届けるのも辛いけど・・もしかしたら、そうかもしれんな~と思いました・・。

今はすももがいなくなったことが辛くて淋しくてキツイばっかりやけど、
そのうち、楽しかったことを懐かしい気持ちで
思い出すようになるのをゆっくり待つしかないよね・・。
ペットを亡くして辛い思いをしてるのは私だけじゃないんやもんね。


投稿: カクイモ | 2009年6月20日 (土) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121757/29998124

この記事へのトラックバック一覧です: 夏じたく:

« 虹の橋 | トップページ | ケータイすももアルバム »