« 高野山宿坊初体験 | トップページ | すももトンネルハウス破壊中 »

感謝のココロで旅行終了

11月2日(日)  高野山の朝。5時半起床。

6時からの勤行に初参加でございます。shine

朝の気温は6、7度といったところでしょうか・・・。かなりの冷え込みです。

寒く薄暗い本堂にぞくぞくと人が集まってこられます。(本堂はカメラ禁止)

全部で50名くらいはいたようです。中には外国人のご家族も。

本堂内は暗く、壇上の灯明の明かりだけが神秘的に辺りを照らします。

そんな中で、住職と数人の修行僧の方達が唱えるお経を聞いていると

この世ではない不思議な世界に迷い込んだような感覚にとらわれます・・・。

朝は供養が中心の勤行らしく、前もって申し込んでおくと

自分の先祖や親族の戒名でお経をあげてもらえるそうです。

この日も10名くらいの方が供養をされていました。

経本は持っていかなかったのですが、さすがに八十八のお寺で唱えてきたおかげか

般若心経は何も見ずにほとんど唱和することが出来たシブい自分にビックリです。w(゚o゚)w

50分の勤行は足の感覚がなくなるくらい寒かったのですが、

なんだかとても清々しい気持ちになれたのでございました。shineshine

その後部屋に帰るとすでにお布団はしまわれておりました。Σ(・ω・ノ)ノ!ハヤッ!!

それからゆうべのさわやかイケメン君がテキパキと朝ごはんを運んでくれました。

Dscn1105_3

早起きのおかげか、朝っぱらから食欲旺盛なコン吉オットは

2杯もご飯をおかわりしておりました・・・ゲンキなオヒト・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

今回お世話になった福智院さんの宿坊は、その建物や庭の素晴らしさといい

サービスといい、食事の美味しさといい、

その辺の旅館には決してひけをとらないお宿でございました。

おそらくリピーター率も高いのではなかろうか・・・。

若輩者のコン吉夫婦も大大大満足でありました。

また高野山に来ることがあればまた是非こちらにお世話になりたいね~heart01

言いながら高野山を後にしたのでありました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

それからまた高速をぶっ飛ばし、今度は滋賀県入りしたワタクシ達は

彦根城で人気キャラのひこにゃん(ウサギかと思ったらネコでした)に会い、

Dscn1133_2

Dscn1246_2

ひこにゃんチロルupかわいい~~happy02

またまた大津に下り、ゆうべとは打って変わってイングリッシュガーデンのある

琵琶湖ほとりのロイヤルオークホテルという美しいホテルに到着したのであります。

Dscn1240

お部屋には記念のシルバースプーンが置いてありました。ニクイですね(*^ー゚)b

お部屋から見える4つのガーデンは、ちょうど昨日からクリスマスイルミネーションに

彩られ、とてもロマンチックでございました。

Dscn1144_4

Dscn1142

こんなん見てたらディズニーランドに行きたくなりますね~~~。shine

八時からは夜の琵琶湖の対岸の灯りを見ながらのお食事です。

ゆうべのお食事は肉や魚を一切使わない精進料理でありましたが、

本日は近江牛のとろけるステーキでございます。

カウンターの目の前の鉄板で焼いて切ってお皿にのせて頂きます。

食べるのと話に夢中になり、こちらでの画像はまったく無しです・・・・。

美味しい食事と美味しいお酒とゆったりとした時間・・・。

オットに「毎年旅行行ってるけど、今年はちょっとフンパツしたね~note」と言うと、

「10週年記念やからね。次は20周年にな。」とのこと。

実はこの数年は辛い出来事などもあり、色々と悩んだ時期でもありました。

ワタクシ達夫婦は自分の思っていることを言葉で表現するのが

お互いにあまり上手いほうではありません。

なので、そんな辛い時期でもグチを言い合ったり

言葉で相手をなぐさめたりということはほとんどしなかったように思います。

でも、今夜のように何気ない気配りや優しい気持ちがジンワリと伝わってくると

涙が出そうになり、心からオットに感謝をしたくなるのです。

お遍路効果でしょうか?・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* 酒のせい???

ありがとう!オット!!!

オットだけでなく、いつも心配してくれる両親やきょうだいや友人や、

存在だけで癒してくれる犬のジョニーやウサギのすももにも感謝感謝なのです!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

11月3日(月) 曇り

朝9時50分。大津港から北上し、雄琴沖で折り返すという「ミシガンクルーズ」で

琵琶湖を90分遊覧します。

どっから見ても日本人ですが、なぜかアンソニーとい名前の男性が船長さんでした。

Dscn1156

午後からは信楽の里に行き、沢山の信楽タヌキ達に見送られ、

滋賀県を後にしたのでありました。サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

Dscn1170_2    

Cocolog_oekaki_2008_11_10_23_22

|

« 高野山宿坊初体験 | トップページ | すももトンネルハウス破壊中 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1121757/25213479

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝のココロで旅行終了:

« 高野山宿坊初体験 | トップページ | すももトンネルハウス破壊中 »